ページの先頭です。 メインメニューへジャンプします 本文へジャンプします 関連リンクへジャンプします フッターへジャンプします

国家公務員共済組合連合会 吉島病院

総合受付
電話番号082-241-2167
外来受診予約専用
電話番号090-2094-5667

文字の大きさ 大きくする 元に戻す

ここから本文です。

現在のページは
ホームの下層の
病院のご案内の下層の
ごあいさつです。

ごあいさつ

院長あいさつ

吉島病院長 山岡 直樹

2019年4月より吉島病院院長を拝命いたしました。
ご挨拶申し上げます。
私は奥道前院長とともに、管理者として8年間病院の運営業務に携わってまいりましたが、このたび縁あって、前院長の後任として当院の院長職を引き継がせていただきました。
当院は1953年、3月に国家公務員の結核対策として100床で開院されました。1974年に一般床を併設し、1980年に初代専任院長として結城名誉院長が就任されました。その後倉岡名誉院長、奥道前院長に続いて、私が第4代ということになります。その間結核専門病院から一般病院へと時代とともに移り行き、現在に至っています。2019年4月からは急性期病床81床、地域包括病床30床、療養病床47床、結核病床41床で計199床での運営となっております。当院の特徴としては急性期から慢性期までのケアミックス体制を執っていることと、広島市内で唯一結核病床を有することが挙げられます。当院は以前より呼吸器外科手術を含め、呼吸器診療については定評があり、皆様方からも広く認識していただいておりました。しかし患者さんの高齢化、昨今の医療情勢の変革から、当院での主たる診療内容についてもかなり変化を来たしております。結核関連患者の減少、認知症や誤嚥性肺炎患者の増加が最たるものでしょうか。それでも、あらゆる呼吸器疾患に対応し、高度で安全な医療の提供と地域に根差した親しまれる病院を目指しています。最近では気胸ホットライン、呼吸器ホットラインを開設し、開業医の先生方との距離をより近いものにしようと努力いたしております。また2019年4月からは病棟を再編し、旧第3病棟を呼吸器センター病棟として診療、看護の充実を図っております。
呼吸器診療の事ばかりを述べましたが、内科では総合内科、消化器科、内分泌科、循環器科も充実しており、特に総合内科では疾患に捉われず、初診全般の患者さんに幅広く対応しております。また消化器外科、整形外科、眼科も体制を整えて、地域の皆様に貢献できるような診療を心がけております。またこれらすべての科の運営につきましては広島大学のご協力をいただき、感謝の念に堪えません。
今後も検診、診断から、治療、慢性期療養、緩和まで積極的に診療することを念頭におき、訪問看護、訪問診療などの在宅医療にも力を入れてまいります。総合力では医師数や職員数の多い高次病院に敵うはずはありませんが、当院の特徴を生かして、皆様方に選ばれる病院を目指して邁進します。
これからも何とぞ、よろしくお願いいたします。

吉島病院長 山岡 直樹